にしのみやぐらしブログ

TOP > にしのみやぐらしブログ > 新年だけでなく黒豆のある毎日 【伊藤由香-小さな食憶-】

新年だけでなく黒豆のある毎日
【伊藤由香-小さな食憶-】

更新日: 2020/1/6

  •  
  •   mixiチェック
明けましておめでとうございます。
素晴らしい令和の新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
本年も野菜果物のある毎日、魅力いっぱいの野菜果物を一緒に楽しみましょう!
とても嬉しく有難いことで毎年末に、手作りの立派な黒豆を届けて下さいます。

正式名称は黒大豆。お正月に黒豆として煮豆に使われる事が多いですが、最近では黒大豆味噌や黒大豆きなこなど、風味とコク、豊かな味わいに触れる機会を多く目にするようになりました。

贅沢にも、黒豆だけで作った味噌は手前味噌ながら、使う度に分かる過去ない程に贅沢な旨さでした。
黒豆は、枝豆期の黒枝豆として楽しんだ後、葉が黄色くなる頃、葉を取って豆の成熟を早めます。
その後、収穫。
さやをふるとカラカラと音がなるまで乾燥の後に脱粒。手作業で選別をされるそう。


マメ科ダイズ属ですが、大豆の栄養成分(たんぱく質、脂質、糖質、ビタミンB群、ビタミンE、ミネラル類)、機能性成分のイソフラボンなどにさらにプラス♪黒豆特有の機能性成分(アントシアニン、強い抗酸化と期待のプロシアニジンなど)も含まれるという素晴らしい黒大豆。乾燥した黒豆を戻す時間を要する時間も、他乾燥豆と変わらないのだからお正月だけでなく日常にも活用したくなります。

圧力鍋を使えば一晩漬けた黒豆を煮汁ごと加熱。茹で時間もピンが上がって8分のみ。
その後はピンが下がるまで放置。
粗熱がとれたら茹で汁ごと小分けし冷凍しておきます。黒豆の煮豆をはじめ、さまざまな料理に加えることができ他乾燥豆同様手軽に使えます。

皮の外れや割れ、崩れでよけた茹で豆は白ごまペースト、レモン汁、オリーブオイル、にんにく少々を加え茹で汁で固さを調整しながらミキサーで撹拌。
お好みいでパプリカパウダー、クミンパウダーをふった「黒豆フムス」もお気に入り。

作りたい前日に黒豆を一晩戻すだけでできる黒豆ごはんは、ひと工夫で華やかさを増します。

一晩つけた黒豆と漬け汁に酢を少々。
アントシアニンが酸で変化し、とても鮮やかな赤色になります。
もし、お正月に使った黒豆が残っているようでしたら早速いかがですか(^^♪

黒豆に込められた「まめまめしく働けますように、まめに暮らせますように」の願いと重ね、
本年も皆さまにとって健康で笑顔多い一年となりますように。
本年も何卒よろしくお願い致します。

ほんのり華やか黒豆ごはん
黒豆 50g
米  2合
酢  大さじ1
塩  小さじ1
①戻した黒豆の戻し汁ごと電子レンジで2分程加熱する。
②①に酢を加えて軽く混ぜほんのり紅色になるまでしばらく置いておく。
③米に戻し汁、黒豆、塩、米に対しての水分を調整して炊飯する。

1月14日 大変多くの方にお申込みを頂きましたようで、本当にありがとうございました。
五感で感じること さらなる+の場となって頂けるよう本年も皆様との貴重なお時間を大切にしていきたいと思っております!お元気なお顔にお会いできますことを楽しみに準備を進めて参ります。

<プロフィール>
伊藤 由香 (いとう ゆか)
野菜ソムリエプロ
百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案等で活躍中。
長年西洋料理を学んだ後、野菜ソムリエに。旬の野菜を使った食のセミナーはもちろん、自身の子育て経験を生かしたレシピ提案など、親子でできる野菜・果物の特徴を活かしたメニューを得意とする。

新しい記事へ

最新記事へ

過去の記事へ

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。